おススメ②~新生銀行パワースマート住宅ローン

| コメント(0)

新生銀行のよさは住信SBIネット銀行に次ぐ金利の安さ!

 

現在(9月25日)新生ゴールドへの加入を条件に、変動金利0.98%→0.88%(0.1%優遇)の金利が適用されます。

単純に住信SBIネット銀行と比較をして、新生銀行はどうなのでしょうか?

 

①主要都市にある店舗

 

まず実店舗が現時点で17店舗ですがあすため、実際に直接相談でき、安心です。

 

②ATM手数料が実質0円

 

セブンイレブンや都銀のATM利用に関して、ATM手数料がかかりません。

(実質新生銀行が負担するかたちとなります)

 

実際に月に5~10回引き出しをした場合、1000円程度は引き出し手数料がかかっている可能性があり、これは非常に便利です。

 

③豊富な金融商品

 

外貨預金など取扱が豊富です。

シティバンクなどに取扱いのない、シンガポール・ドルでの運用もできるため、特にシンガポール在住に方には最適な銀行です。

 

逆にデメリットとしては、提出書類が多いことです。

この点については頻繁に必要なわけでなく、借り換えや新規借り入れのときに必要になってくる書類であり、きちんと一旦提出してしまい取引開始してしまえば、気になる問題ではあります。

 

いずれにしても、新生銀行もおススメです!

 

 

 

住宅ローンの借り換えで〇円リフォームができる?

 

コメントする

このブログ記事について

このページは、fhidechanが2011年9月25日 21:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おススメ①~住信SBIネット銀行」です。

次のブログ記事は「おススメ③~東京スター銀行 スターワン住宅ローン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01